スマホゲームに高額課金、払いきれず借金するはめに

関西地方在住の20代男性
職歴は営業10年

既婚で妻、子供2人と暮らしています。
仕事は中小企業の営業をしています。

スマホゲームに課金しすぎた

以前スマホゲームにハマり、課金をし過ぎてしまったことがありました。
貯金は無くなり、生活費にも手を出し始めていました。
カードローンの申し込みをしたのは25歳の時です。
最初は地元地方銀行のカードローンで50万の借り入れ。
2社目は三菱UFJ銀行で100万の借り入れをしました。

2社目に乗り換え

1社目は使わなくても、とりあえず持っててもいいかな?ぐらいの気持ちで申し込みしました。
確かに厳しい状況ではあったのですが、どうにもならなかったらカードがあるという安心感が欲しかったので。
地方銀行を選んだのは、普段使用していて馴染みがあったからです。
2社目は全国区の銀行で、1社目の地方銀行より金利が安く借り入れできました。
1社目カードローンの返済と解約をして、2社目に乗り換えました。
無人機で申し込みが出来たのも良かったです。

良いと思ったこと

審査が通れば、限度額まではいつでも好きな時に借り入れが出来ます。
借入限度額にもよりますが、金利や返済金額も少額で通常の借金より負担が少ないと感じました。
口座引き落としでの返済はもちろん、コンビニATMでも返済や借り入れが出来て便利でした。

今後は・・・

現在は2社ともに完済・解約済みなので使うことはありません。
他社へも申し込むつもりはないです。
理由はやはり簡単に借り入れが出来てしまうので、借金の意識が低くなりがちで、自分の貯金をおろしているような感覚になってしまったからです。

希望額以上の申し込みはしない

本当に必要な時だけ使うなど、計画をして使用する事が重要です。
カードローンは手軽ですが、貯金ではないので、そのあたりの意識を強く持たないとどんどん借金が膨らみます。
1度の返済が少額であることは、負担が掛かりにくい良い部分でもあるのですが、しばらくは利息のみの返済で元金はなかなか減りません。
自分の年収の半分以上になると返済はかなりキツくなるので、くれぐれも審査が通ったからといって、希望額以上の申し込みは避けた方が無難です。
まぁ、本当はカードローンに頼らずに、自分のお金でやりくりするのが一番ですが・・・ね。